住まいing NEWS




谷口の家づくりオススメ情報

連日の暑さにも負けない快適な酷暑対策

年々、激しさを増す気候変動。

日本の夏は、日射で屋根の表面温度は80℃を超えます。

 

この80℃の温度をしっかりと遮熱し

常に快適と感じる室内温度を維持できる断熱対策を講じなければ

省エネで快適に暮らすことはできません。



そんな連日の暑さに負けない中西工務店の酷暑対策をご紹介します。

酷暑に耐える≪屋根≫のポイント

① 野地上通気層

通気屋根材を使用し、軒先から入った空気が夏の日射熱で暖まると

上昇気流が発生し、棟(屋根のてっぺん)から排出されて

機械や電気を必要としない天然の空冷層となります。

 

この空冷層は、万が一屋根の裏側で結露した場合、

湿気を閉じ込めることなく排出する役割も果たし、家の耐久性を高め、

メンテナンスサイクルを非常に長くしてくれます。

② 野地下通気層

仕組みは①と同じで、屋根材の下側でも同じ天然の空冷層を設けることで、

内側にある断熱材を冷やして断熱材の効果をより一層高めます。

③ 断熱層

①、②で軽減した温度を耐える、遮熱タイプの高密度断熱材を

地域に応じた省エネ基準を上回る十分な厚みで採用します。

 

酷暑に耐える≪外壁≫のポイント

①外壁通気層

こちらも屋根と同じ考えた方で、地面近くから入った空気が暖められて

上昇気流となって家の上部から抜けていく空冷層となります。

② 外張り断熱

柱・壁をぐるっと包み込む外張り断熱は、夏の躯体蓄熱と壁内結露を防ぎ

外壁からの暑さを室内に伝えづらくします。



この工法のいい所は、機械、電気を使用していないので

最初にこの工法で作れば、半永久的にコストをかけずに

快適に過ごせる点です。

そして冬には逆に通気層内の空気が温まり、暖かく過ごすことができます。

 

これらの工法は当社のショールームで実物モデルを見ることができます。

ご興味ある方はお問合せページからご予約下さい。

2020年8月23日

谷口 怜


← 猛暑が続くコロナ禍の中での夏休み 防災住宅 →
~来る大災害に対し、どう向き合っていくか~




ピックアップ
  • スタイルフリー
  • コンフィー
  • リフォーム&リノベーション
  • 施工事例
  • コンセプトプラン
  • 外断熱 基礎外断熱
  • 基礎蔵
  • EHCシステム
  • 省令準耐火構造


会社案内
有限会社 中西工務店
〒410-0058
静岡県沼津市沼北町1-9-19
TEL: 055-921-8877
FAX: 055-924-1987
office@nakanishicc.co.jp
[柳沢体感ハウス]
静岡県沼津市柳沢326-2
TEL: 055-967-4747
OPEN  AM10:00~PM16:00
        (土曜・日曜・祭日)
平日はご予約をお願い致します
  連絡先: 055-921-8877
[沼北体感ハウス]
静岡県沼津市沼北町1-1-21
※見学をご希望の方は、ご都合の
  良い日時をご連絡ください